長距離ツーリングでブロンプトンに思う事

約3か月間で5,900kmとなかなかの距離を走ってみて(1日平均約80km、最長は160km/10時間)、私がブロンプトンに思った事を書いてみようと思います(主に車体のこと)
これからブロンプトンの購入や、ブロンプトンでツーリングを…と思われている方の少しでも参考になれば幸いです

※長距離・キャンプツーリングの装備に関してはこちらになります → 長距離・キャンプ ツーリングの装備

c0270412_16232559.jpg


まずは、
ハンドル:私のブロンプトンは Sモデル ですが、100㎞以上の長距離なら Pモデル の方がポジションを多く選べるので疲労度は軽くなると思います
ただ、ハンドル周りが賑やかになるので好みは分かれますが

c0270412_22135704.jpg
Sモデル、もしくは Mモデル の場合は、エンドバーをつけると肩や掌が痛くなった時や上り坂の時に重宝します
その代りに折り畳みに支障が出る可能性があるので注意が必要(ハンドルを固定しているナットをクイックに変えれば行けると思いますが、そうすると折り畳みにひと手間増えてしまうので、私的にはブロンプトンの魅力が少し削られてしまう気がします)

c0270412_18315115.jpeg
S と M のどちらがツーリング向けかと考えると、前傾姿勢になる S の方がサドルへの荷重がハンドル側にも分散、空気抵抗が減る、登り坂で上半身が効率よく使えます
街乗りや輪行ツーリングなどで1日50km未満なら M の方がアップライトなポジションになるので楽だと思います


サドルブルックスB17が雨で濡れた結果、道中でいい感じに育ってくれたので問題はありませんでしたが、これに関しては各人のお尻との相性としか言えません

c0270412_22145337.jpg
最初はパッド入りのレーパンを履いていましたが、履こうが履くまいが痛いものは痛いので2週間目位で処分しました


タイヤ:ツーリングにおいて、耐パンク性や耐久性で考えるとシュワルベ・マラソン・プラスが現状では最善かと思います

c0270412_22151395.jpg
重量はあるし乗り心地は悪くなるけれど、パンクのたびに30分浪費すると考えれば許せます
道中のパンクは1度だけ、3000km走った辺りで髪の毛ぐらいの細いワイヤーが刺さっていました
空気圧は1週間に1度確認、リムもダブルウォールリムに交換していたからかリム打ちはありませんでした

街乗りメインならば純正かシュワルベ・マラソン(無印)、軽快さならシュワルベ・コジャック辺りをオススメします

c0270412_22154457.jpg
リアキャリアに15㎏の荷物を載せて数千キロ走るので、念のため後輪のスポークを結線処理していたからか運よくスポーク切れもありませんでした


ブレーキ : 通常使用ではノーマルでも全然問題ありませんが、カスタム好きが祟って シマノのブレーキ(BR-R650)レバー(BL-4600)に交換していたおかげでかなり心強かったです

c0270412_22161517.jpg
私の体重65kg+荷物20kg+車体15kg=合計100kgになるので、荷物を積んでの峠道はノーマルではちょっと心許ない(北海道の中山峠を越えたときは下りが40km/3時間だったのでノーマルだったらかなり怖かったはず、札幌につく頃には握力はなくなってました)
ブレーキパッドはスイスストップのグリーン、雨天に強いタイプなのでツーリングはもちろん日常使いでもその支援を受けられると思います

c0270412_22163075.jpg
ちょっとお高いですが、雨天走行でのパッドの減りが少なく寿命が延びるので使い方次第ではこちらの方が安くつくかもしれません
ただ、ブロンプトンの純正リムは柔らかいアルミなのか雨に濡れるとリムが真っ黒になります(アラヤのリムではほとんど黒くならない)
※タイヤの反射テープがリム汚れで黒くなったら、中性洗剤を薄めた水とメラミンスポンジでこすると簡単に綺麗になります


駆動系:私のブロンプトンは内装3×外装2の6速、フロントギアは50Tですが、道中ずっと「もう一回り小さい44Tにすればよかった…」と思い続けていました
これだけ重い荷物を積んでトップ×トップはさすがに踏めないし、よしんば踏めたとしてもそのスピードでこの荷物ではブレーキが頼りない
それに山を越えるときは出来るだけ軽いギアが欲しくなるので、荷物を積んでの長距離、山越えをするならば前ギアは小さめをお勧めします、ちょっとカッコ悪くなるけど…

ペダル:ペダルは着脱できる三ヶ島のEZYペダル、純正のままかビンディングにするかとも迷いましたが、純正ペダルは左右で踏み面積が違う・ツーリング中は滅多に折り畳まない・ビンディングシューズで観光はイヤ・上り坂でどうせ降りて押すだろう…と思いこれにしました

c0270412_22171469.jpg


私なりに使用用途別にブロンプトンの各モデルの選び方を考えると、

街乗りメイン : M3L
街乗り(坂道多め)、週末ポタリング、輪行ツーリング(50km未満): M6L
街乗り(軽快さ重視): S1E、S2E
街乗り、週末ツーリング(50km以上): S6L、S6R
ツーリングメイン、キャンプツーリング : P6R

※低身長、女性の場合はSハンドルも選択肢に
※末尾のLは泥除けアリ、Eはナシ、Rは荷台付き

こんな感じになりました、でも1番重要なのは各人のデザインの好み
見た目のビミョーな自転車に乗るのは結構苦痛なので


いま振り返ってみるとこれだけの長距離を走るならグレートジャーニーを買った方が悩みも疲れもコストも少なかったけど、ブロンプトンのおかげで旅が濃密になったように思います(モールトンの時は楽だけどちょっと物足りなかった)
「折り畳み自転車で~?」と小馬鹿にしたような感じで言い寄ってきた人々に値段を教えた時の顔はなかなか痛快でした
見た目で判断すんなよ(°∀°)! あと値段聞いて態度まで変えなくてもいいよ(´Д`)
c0270412_22365815.jpg
大仕事を終えた我がブロ夫君、いまは買い物スペシャルとなりお店の隅っこでお客さんに愛想を振りまいています
今度はこれに買い物かごを付けようか思案中…

※再加筆・修正しました

[PR]
Commented by ken at 2016-02-25 21:12 x
とーっても参考になりました。
すぐに予定はありませんが、いずれもしかしたらって思っていて、その時また思い出せるようにブックマークさせてもらいましたー

それにしても、ブロンプトンで。凄いですねー
とても大変そう。でも楽しそう。

素敵な相棒です。
Commented by play_alone at 2016-02-25 22:39
> kenさん
ブロンプトンは基本性能が高いし、日本の道路はよく整備されているので想像するほど大変でもないですよ
大好きな自転車で旅を出来る楽しみは何者にもかえられません
それよりも「なんで折りたたみ自転車で?」と毎日毎日聞かれ続けるほうが大変(苦痛)でした
by play_alone | 2014-02-02 00:04 | ブロンプトン | Comments(2)

☆当ブログの記事内容を真似して問題が発生しても、賠償責任など一切責任を持ちませんのでご了承ください ☆前のブログからの引っ越しによる画像やリンクの乱れがあるかもしれません ☆まとめ・キュレーションサイトへのリンク、画像転用、出典は固くお断りします、特に NAVERまとめ


by play_alone