1/35 M1スーパーシャーマン RC化 ①

海外ドラマ「バンド・オブ・ブラザーズ」を見てM4シャーマン戦車にひと目惚れ
中でも鋳造車体の丸っこいM4A1がお気に入り(M1はM4A1がイスラエル軍に渡り改装され名前が変わったもの)

これ以上手を広げてはイカン!と思いつつも我慢できず、プラモデルを物色
「戦車が動くのは男の子のロマンだ!」というわけで老眼と戦うおっさんがでラジコンに…というのが今回のネタ

c0270412_13335319.jpg

プラモ製作は二十数年ぶり、特に上手いわけでも無く、しかも戦車はこれが初めて
行き当りばったり、出たとこ勝負なので完成出来るかは不明


ラジコン改造をネットで予習しましたが、この道の大先輩方はギアボックスを自作するという熟練工ばかりで、素人の自分にはとても真似出来ません

c0270412_13335727.jpg

なので流用できそうな物を探し、タミヤのツインモーターギアボックスを発見
安いRCキューブ組み立てキットという送受信機も一緒に購入
※今回の裏テーマは「お金をかけない」、すぐ飽きるのは目に見えているので…

c0270412_13321298.jpg

とりあえず2つを繋げてみたところ
安いだけあって速度調整が出来ません、残念

c0270412_13321423.jpg

そのままではギアボックスの幅が広くが車体に入らないので、側面をカットして2mmのプラバンで作り直し
今度はギアシャフトが長くなるのでこれもカット
シャフトは固定してませんが、車体に入ってしまえば落ちることも無し
あとは余計な部分を削ります

c0270412_13321228.jpg

次はドライブシャフトが通るようにシャシーを加工します

c0270412_13321399.jpg

余分をカットし、3.5mmの穴を開けハトメが通るか確認

c0270412_13321472.jpg

シャフトを適切な長さにカット、プラのスペーサーとミニ四駆のギアを通します
左右のシャフトは繋がっていないので、回転でブレないように先ほどカットしたギアボックスのシャフト受けの穴を広げて通します
ファイナルギアをもう一回り大きくしたいけど、スペース上これが限界

c0270412_09314648.jpg

デフカバーが小さいので、カバーの内側を削らないとギアが当たってしまいます
削り過ぎると穴が空くので慎重に

c0270412_09314922.jpg

車体にギアボックスを収めるという第1関門は突破
仮組み状態ながら起動輪が回転するようになりました

次はサスペンションの加工です


続く

[PR]
by play_alone | 2016-05-20 18:00 | M1シャーマン RC化 | Comments(0)

☆当ブログの記事内容を真似して問題が発生しても、賠償責任など一切責任を持ちませんのでご了承ください ☆前のブログからの引っ越しによる画像やリンクの乱れがあるかもしれません ☆まとめ・キュレーションサイトへのリンク、画像転用、出典は固くお断りします、特に NAVERまとめ


by play_alone