TRX-4のLED化、アルミサーボホーン、プロポにスマートフォンフォルダーの取付け

なかなか走らせに行けないので、ストレス発散にライトのLED化をします

c0270412_10231940.jpg
c0270412_10232426.jpg
c0270412_10232278.jpg
c0270412_10232542.jpg
シールを剥がしてLEDの通る穴を空け、レンズに当たる部分はヤスリで切削

c0270412_10231712.jpg
c0270412_10234927.jpg
コードをよじっておけば良かった

c0270412_10235227.jpg
インナーフェンダーがあるので、フロント側のコードの取り回しがちょっと厄介

c0270412_10235492.jpg
イーグル模型のLEDコントロールユニット、プロポの操作(ブレーキやステアリング)でLEDが点灯・点滅します

c0270412_10234776.jpg
c0270412_10240539.jpg
ライトが付くとテンション上がります

次はアルミサーボホーンの取り付け

c0270412_22452247.jpg
アマゾンで300円くらいで売っている安物です

c0270412_22451896.jpg
2つある穴の位置が純正と合わないので、サーボ側の穴にリンクを付けます
なぜならステアリングを全開まで切るとタイヤがガタついてドライブシャフトが壊れそうだから

c0270412_22452009.jpg
ちょっと分かり辛いですが、取り付け完了
加工もなく素直にポン付け出来て、タイヤのガタつきもなくなりました(その分タイヤの切れ角は減りましたが)
けれど元々のサーボのトルクがあまり高くないので(9kg)、アルミ化のメリットは少なそう

最後はプロポにスマホを固定するフォルダーを取付け
材料は、中華アクションカムに付いてきたアタッチメントと100均のスマホフォルダー
c0270412_10240379.jpg
c0270412_10240848.jpg
両面テープで固定、脱落防止にマジックテープでさらに固定
私のスマホは手振れ補正がありませんが、アプリ版のグーグルフォトで修正出来る(スタビライズ)のでそれを利用してます

こんな事してたら余計に早く走らせたくなってきた

[PR]
by play_alone | 2017-07-22 06:00 | Traxxas TRX-4 | Comments(0)

☆当ブログの記事内容を真似して問題が発生しても、賠償責任など一切責任を持ちませんのでご了承ください ☆前のブログからの引っ越しによる画像やリンクの乱れがあるかもしれません ☆まとめ・キュレーションサイトへのリンク、画像転用、出典は固くお断りします、特に NAVERまとめ


by play_alone