カテゴリ:料理( 3 )

かなり久しぶりの料理ネタ、私がツーリング中によく作っていたツナとインゲン豆のパスタを紹介します
キャンプでパスタというと大量の水が必要とか大きな鍋がいくつもいるんじゃないかとか思われますが、これから紹介するのは少量の水で一つの鍋で下仕込み無しで10分程で出来るお手軽レシピです
ご飯を炊くよりも水を使わず時間も短縮できます
しかも食材は地方のスーパーなどでも入手可能ですし、野菜以外は長期常温保存が出来るのでキャンプツーリングには最適だと思います
c0270412_1682860.jpg
材料はサラダ用として売られているショートパスタ(茹で時間90秒)、ツナ缶、パスタ用オイルソース、インゲン豆(お好みの野菜で可)、水、塩です
まずお湯を沸かします
c0270412_1317987.jpg
水の量は300~400ccぐらいで十分です
お湯を沸かしている間にインゲン豆の処理をします
c0270412_13184834.jpg
ナイフを出すのは面倒だし洗い物が増えるのも嫌なので、指でヘタを取り一口サイズにポキポキと折っていきます
お湯が沸いたら塩を二つまみほど入れます
c0270412_13202698.jpg
ツナとソースに塩分があるので塩は少なめでも大丈夫でしょう
そこに今度は先ほど処理したインゲン豆を入れます
c0270412_13225542.jpg
インゲン豆の茹で時間は私は3分ほどが触感が残っていて美味しいと思うので、パスタの茹で時間の90秒を引いた残りの90秒にします
90秒経過したら次はパスタを入れます
c0270412_13253866.jpg
1袋150gをすべて入れます
丸1日自転車をこいだら150gぐらいは余裕で食べられますね
c0270412_13344811.jpg
パスタを入れて最初の10秒ほどはパスタ同士がくっつかないように軽くかき混ぜます
残りの90秒を茹でて、時間になったら火を消して茹で湯を捨てます
茹で湯は大さじ1~2杯ほど残しておくと出来上がりがパサパサしなくなるので、お湯を切りすぎないようにしてください
最後はツナ、オイルソースを入れます
c0270412_1336855.jpg
c0270412_13392610.jpg
これで出来上がり、お湯を沸かし始めてからわずか10分で完成です
c0270412_1684879.jpg
簡単で美味しいパスタが作れるので、キャンプツーリングで自炊する機会があれば参考にしてみてください、もちろんご家庭でも立派なひと皿として成り立ちますよ
[PR]
by play_alone | 2013-10-10 14:01 | 料理 | Comments(0)

お料理教室(2)

では、調理に移ります。

1、まず、お湯を2リットル沸かします。計量カップがなければペットボトルなどで計量しましょう。水を分量通り入れたらその水位を覚えておけば、次から測らなくても大丈夫になります。この時に忘れずに蓋をします。蓋があるとないのでは沸騰するまでの時間が段違いですし、蒸発して水量が変化するのも防げます。

2、沸騰したら塩20gを入れます。20gはかなり多く感じますが、この塩気がないとなんとも味気ないスパゲッティになってしまいます(浸透圧とかなんとか)。塩も測った容器などで分量を覚えておけば(スプーンで何杯とか)次から(略)。この計量は非常に大事で、パスタの味はここで決まると断言しても過言ではありません。電気計りも安くなったので1個買っておいても損はないでしょう。
c0270412_3132890.jpg


3、ではソース作りに入ります。にんにくを包丁の背の部分や手のひらで軽くつぶします。こうするとにんにくの香りがより出ますし、中まで火が入るようになります。スライスでもいいのですが厚さを均一にしないと 『こっちは焦げてるのにあっちはまだ生』 となりやすく、また焦げやすいので作業行程が結構シビアになります。慣れるまではこちらのほうが安心です。それに、火が入ったこのホクホクしたにんにくもおいしですし。

4、パスタを作る手鍋を手前に傾け、ににんにくとオリーブオイル(にんにくが泳ぐぐらい)をいれます。エクストラバージンオリーブオイルは加熱するとせっかくの香りがなくなるのでここでは使いません。

5、では火をつけて中火にします。油温が上がってにんにくが泡立ち始めたら今度は極弱火にします。最初から弱火でもいいのですが、それだと温度が上がるまで時間がかかります。慣れたら最初から強火でも大丈夫です。
c0270412_3133173.jpg
 
c0270412_3133169.jpg

6、にんにくがキツネ色になり始めたら裏返してもうしばらく待ちます。

7、裏面もキツネ色になったら輪切り唐辛子をいれます。乾燥した唐辛子はすぐに焦げるので、ここからは時間勝負です。
c0270412_3133165.jpg


8、すぐにアンチョビを投入。チューブのモノは保存が利きますし、扱いも簡単です。アンチョビは旨味調味料の代わりになるのでぜひ入れてみてください。フォークでアンチョビを軽くほぐしてこれまたすぐにベーコンも入れます。この間、ずっと弱火です。ベーコンをオイル全体にに馴染ませたら、これでソースはひと段落。
c0270412_3133292.jpg


9、やっとスパゲッティを茹で始めます(慣れれば麺を茹でながらソース作りもできます)。ゆで時間6分との表記がありますが、今回はタイマーを3分にセットします。キッチンタイマーがなければ携帯のストップウォッチなどで代用しましょう。茹で時間は大事。
c0270412_313325.jpg
 
麺をお湯に入れるときは重ならないようにします。でないと麺どうしがくっついてしまい茹であがったのに芯が硬い!なんてことになってしまいます。やり方は雑巾を絞るように麺の束を縦にして両手でねじり、それをお湯の真上で両手をパッと話す感じ…とでも言いましょうか。麺全体がお湯につかったら30秒程は箸などで麺が折れないようにやさしくかき混ぜてあげます。パスタ側の鍋の火加減は水面が少し波打ち、麺が躍るぐらいとでもいえばわかりますでしょうか。

10、そろそろソースのほうがパチパチ言い始めている頃合いだと思うので、パスタの茹で湯をお玉でソースに鍋をゆすりながら少しずつ入れます。乳化と言われている行程ですが、難しく考えず『これ以上ベーコンが焦げないように温度を下げるため』程度に考えておいてください。入れすぎると塩っぱくなるのでほどほどに。今回はソースにベーコン(パンチェッタ)とアンチョビが入っていて、すでに塩気が強いので水で代用した方が安心かもしれません。塩は後で足せますから。
c0270412_3133234.jpg

11、タイマーが鳴ったら、茹で湯にブロッコリーを入れて一緒に茹でます。そしてタイマーを2分にセット。あと1分はどこに行った?となりますが、鍋であえる時間や盛り付け、食卓まで運ぶ時間を考えての時間です。
c0270412_3133246.jpg
この間、余裕があれば食器の用意や洗い物を済ませましょう。皆さんよく 『片づけが面倒だから料理はイヤ!』 と言われますが、片づけながら料理を作ればいいんです。私は料理が出来る頃には『あと洗うものは食べ終わったお皿だけ』状態にします。そうすれば食べ終わった後も気分が良いです。

12、最後のタイマーが鳴ったら麺とブロッコリーをソースにいれます。ザルで湯を切ってもいいのですが、茹でたお湯を塩味の調整に使いたいのでできれば少量は取っておくと良いでしょう。

13、あとはソースと麺を中火で鍋であえますが、間違えてはいけないのが炒めるではなくあえるです。麺もソースもすでに火は入っているのでこれ以上加熱してはいけません。あくまであえるで、冷めないために火をつけているといった感じです。ちなみに私の麺をあえる時間は大体10~20秒。これ以上時間をかけると麺が伸びてしまいます。
c0270412_3133241.jpg


14、全体が混ざったら2~3本つまんで味見をして、塩味がちょうど良ければ出来上がりです。味が薄ければ先ほど取っておいた茹で湯を入れます。逆に塩気が強ければ真水を入れてソースの塩分を薄めましょう。ここで大事なのは、味付けの基本は少しずつ。やりすぎては取り返しがつかなくなります。

15、出来上がったらお皿に盛り付けて、お好みでExバージンオイルやパセリ、粗挽き黒胡椒などをかけて完成。冬場ならばすぐに冷めないようにお皿を暖めておくと(火傷しない程度に)最後までおいしく食べられます。先ほども書きましたが、食べる前に使った調理器具を洗ってしまえば気分よく食べられます。

c0270412_3133245.jpg
料理画像をおいしく変換で画像加工してます。
白ワインをお供に食べると(゚Д゚)ウマーです。

料理本に書かれていない部分を出来るだけ書いたつもりですが、『自分の中にある、当然と思っていることを他人にもわかりやすい文章にする』というのはかなりのエネルギーを要するものなんだと実感しました(これでも文章に出来ないことがまだまだいっぱいあります)料理本を出されている方々は大変な労力で仕事をなさっているんですネ。もっとわかりやすく書けよ!とか言っててスイマセン。
『Cookpadでやれよ!』って感じですね。料理作るより100倍疲れました。次はないかも…。

[PR]
by play_alone | 2011-11-16 03:25 | 料理 | Comments(0)

お料理教室(1)

今回はちょっと実験的な内容です。
料理を言葉や実技で教えることは度々してきましたが、写真と文章でどこまでわかりやすく伝えることができるのか?ということに昔から興味があったので勢いで『おいしいスパゲッティの作り方』をレシピ化してみようと思います。かなりの駄文・長文で申し訳ありませんが、お暇でしたら冷やかし程度で結構ですのでお読みいただければ幸いです。

で、今回作るのは
ブロッコリーとベーコンのスパゲッティ(1人前) です。

材料 
 スパゲッティ  120g
 水        2リットル
 塩        20g

 にんにく     1片
 輪切り唐辛子  8~10切れ
 オリーブオイル 適量

 ブロッコリー   1/3房
 ベーコン     1枚分
 アンチョビ    適量
c0270412_313323.jpg
 
c0270412_3133361.jpg


下仕込み
・ベーコンは買ってきたら棒状に切り分け、1人前ずつぐらいにラップして、ジップロックなどに入れて冷凍庫で保存しておきます。そうすれば次からは解凍するだけですぐ使えますし、まな板や包丁も汚れるのはこの時だけになるので、洗い物が少なくなります。今回は撮影用に奮発してパンチェッタなんぞ用意しました。
・ブロッコリーも1口サイズに切り分けて水洗いして、ビニール袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保管。冬場でしたら1週間以上は保つと思います。
c0270412_313336.jpg
 
c0270412_3133378.jpg
勿体ないので茎の部分も使います。皮は堅いので芯の部分だけを。
・余裕があればにんにくも1個丸ごと皮をむいておけば、次から作業が早くなります。これもビニール袋に入れて冷蔵庫で保存。2~3週間は大丈夫です・
※ブロッコリー→にんにく→ベーコンの順番でまな板を使えば、食材を切るたびにまな板を洗わなくても、最後に洗うだけで済みます。

食材の仕込みはここまで、次は調理です。

[PR]
by play_alone | 2011-11-16 02:38 | 料理 | Comments(0)

☆当ブログの記事内容を真似して問題が発生しても、賠償責任など一切責任を持ちませんのでご了承ください ☆前のブログからの引っ越しによる画像やリンクの乱れがあるかもしれません ☆まとめ・キュレーションサイトへのリンク、画像転用、出典は固くお断りします、特に NAVERまとめ


by play_alone