カテゴリ:アレックスモールトンAPB( 17 )

G3 ベアリング

後回しにしていたモールトンAPBとロードバイクもG3ベアリングに交換
c0270412_15495030.jpg
こちらも体感速度は上がりましたが、セラミックベアリングのインパクトが強すぎて「こんなもんかぁ~」な印象
3日もすると慣れて忘れてしまかも…

[PR]
by play_alone | 2015-03-28 18:00 | アレックスモールトンAPB | Comments(0)

モールトン、最後の調整

ママチャリ用の荷台は作りが丈夫で安価なのは良いのですが、重いのと固定するのにダボ穴ではなく車軸にクイックで固定するので、パンク修理の時に面倒なのと、ホイールがずれ易くなるのがよろしくありません
c0270412_19421773.jpg
という訳でタイオガのトライアングルチューブ・リアキャリアを購入
c0270412_194852100.jpg
アルミなので重量は軽いし、高さを3段階に調整できるので取り付ける時に融通が利きます
ただし、本来はフルサス20インチにつけるものではないので取り付けはちょっと強引です
サスペンションが沈んだ時に(といってもラバーコーンサスはそんなにストロークしませんが)キャリアに無理がかからないようにボルト・ワッシャー部分にグリスを付け、ナイロンナットで少し逃げを作るように固定します
c0270412_19574877.jpg
c0270412_1958211.jpg
パニアバッグを付け、キャリアの上に35Lのザックを載せて出来上がり

この状態で20kmほど走ってみましたが、ブロンプトンの時とは全く違います、こういうのを雲泥の差というのでしょうね
ブロでは平地なら18km/h前後で走れれば良い方でしたが、モールトンでは22km/h前後で走っても不安定感はありません、荷物を積んでいるのを忘れるほどです
16→20インチになり、さらにサスペンションがあるのでブロの時ほど路面状況に神経を尖らせなくてもよくなったので、ストレスによる疲労が減りそうです
ドロップハンドルも多くのポジションが選べて更なるストレス減ですし、細かいことですがブロの時は停止状態でハンドルから両手が離せなっかたので(トップチューブを太腿で挟めない)カメラを出すのが億劫でしたが、今度は撮影や自販機でジュースを買うのが楽になりそうです(これで何度も立ちゴケしました)

c0270412_2046553.jpg
知人に教えてもらった軟骨再生サプリメントJACOLAを飲みまくった(ちゃんと用量は守ってます)からかどうかは解りませんが、膝の痛みもかなり軽減したのでそろそろ残りの日本2/3周を始めようと思います
[PR]
by play_alone | 2013-08-21 20:59 | アレックスモールトンAPB | Comments(0)

続きはモールトンで

皆さん申し訳ありません嘘をつきました、『ブロンプトンで日本一周』 はしません、
残りの2/3周はモールトンにします
その理由ですが、「こんなに楽しいことをブロンプトンだけでは勿体ない」のと、行く先々で「こんな小っちゃいタイヤで・・・」と言われるのにウンザリしたからです

当初はモールトンで行こうと準備を進めていましたが、モールトンAPBのキャリアが手に入らなかったので諦めて、ブロンプトンで行くことにしました
でもたぶん、私にとっては最初で最後の大旅行になると思うので、やっぱり一張羅の自転車でいくことにします

ということで、下準備
c0270412_2002740.jpg
大きなギヤが欲しいので(今は12-25T)、キャノンデールF500についているものと交換します
c0270412_2004951.jpg
11-32Tくらいかと思っていたら11-28Tでした、でも20インチで20kgの荷物なのでこれぐらいでも大丈夫かな?登りが無理なら降りて押せばいいので

次は問題のキャリア、
c0270412_201496.jpg
ホームセンターに売っていたママチャリ用の荷台です
c0270412_2041496.jpg

美しくないですねぇ~、モールトン乗りの方々にお説教されても仕方がない見栄え
でもパニアバッグで見えなくなるし1,500円で耐荷重25kgなので充分です、重いけど
c0270412_2015579.jpg
パニアバッグはオルトリーブのバック・ローラー・クラシック、イギリスから買ったので14,000円ちょっと
c0270412_2024546.jpg

容量20L×2、内ポケット、ショルダーストラップ付、完全防水、着脱はストラップを持って引っ張り上げるだけと簡単です
c0270412_2025993.jpg
c0270412_2031489.jpg
テント、寝袋、グラウンドシート、エアマット、折りたたみ椅子、雨具、調理器具、工具までは入りました
残りの荷物は35Lザックに入れて荷台にくくりつけようと思います
あとはハブのグリスアップ、ホイールスポークの結線処理、バーテープを結束バンドで補強、ディレイラーの微調整etcetc・・・
c0270412_2074531.jpg
試しにブロンプトンにパニアバッグを取り付けてみるとこんな感じ、案外イケるかも・・・
[PR]
by play_alone | 2013-08-13 10:07 | アレックスモールトンAPB | Comments(0)

改悪?

タイヤの交換に合わせてキャリパーブレーキをVブレーキに交換します。
c0270412_4111945.jpg
↑ を ↓ に。
c0270412_4111963.jpg
APBはシートステイの幅が広いようで(cannondaleF500が85mm、AlexMoultonAPBが90mm)、リアブレーキの調整が難儀しました。
c0270412_4111992.jpg
ワッシャー2枚かませて何とか出来上がり。
c0270412_4112018.jpg

STIレバーでVブレーキは引けないらしいのですが、やってみたら「引けなくはないけど、そんなに効きは良くないな~」てな印象です(DURAレバーとXTブレーキだからまだ効きが良いのかも?)。レバーのタッチもグニャっとした感じ。
そういったアダプターありますが、現状でも制動には問題ないのでこのままでも良いのかも?でも、パッドとリムのクリアランスは1~2mmで、タイヤを外すのに六角レンチでワイヤーを外すのは面倒そうですが。
あとは、泥除けと荷台です。どんどん改悪に向かっています。

[PR]
by play_alone | 2013-02-17 18:35 | アレックスモールトンAPB | Comments(0)
巷で話題の舟辺精工さんのクロム球(等級G3)を購入しました。
ブロンプトン用にと発注していたのですが、考えてみたらハブ側の精度が出ていないのにこんな高級なベアリング球を使ってもしょうがないと思い、モールトンについている65アルテグラのハブに使いました。
c0270412_4112012.jpg
組み付けた感じは・・・例によって違いの分からない男なのであんまりわかりません(玉押し調整の際のゴリゴリ感がクリクリ?ぐらいになったような気がしないでもないかな~てな感じ)
まさに猫に小判、豚に真珠、私にG3です。
c0270412_4112098.jpg

それと一緒にパナレーサー・ミニッツライトから、シュワルベのマラソン・プラスに交換。パンクのリスクがかなり減るので、お出かけにこのタイヤはかなり心強いです。
c0270412_4112036.jpg

しかし、ブレーキとのクリアランスがほんとにギリギリ、1~2mmしかありません。これはこれでちょっと怖いかも。
c0270412_411202.jpg
パンクリスクは減りましたが、重量増(170gから560gへ3倍以上!)は結構イタイです。乗り心地はゴツゴツして悪くなりましたし、漕ぎ出しも自分でもわかるくらい重くなりました。

[PR]
by play_alone | 2013-02-15 20:42 | アレックスモールトンAPB | Comments(0)
以前から欲しかったサドル、TIOGA・スパイダーの値段がこなれてきたので、モールトンのドレスアップも兼ねて購入してみました。
c0270412_411033.jpg
いやはや、なかなかに激しいデザイン。
c0270412_411099.jpg

手に持ってみると軽くてびっくりしました。
c0270412_411339.jpg

ブルックス・B17ナロー比べてみると300g以上の差があります(480g:150g)。
c0270412_411399.jpg

バーテープの色に合わせて白色にしましたが、つけた瞬間 「おぉう・・・」と変な声が出てしまいました。まぁ、そのうち見慣れるでしょう。
c0270412_411337.jpg

座り心地ですが、私は尻肉がほとんどないので骨に網目が当たって長時間はちょっとつらいかも?標準体型の人には問題なさそうですが(私は180cm・60kg未満のアンガールズ体型)。
でも、見た目に反して適度のクッション性がありレーパン履けば私でも快適に使えそうです。
あと、段差等を超えるとお尻がはじき飛ばされてしまいました。この辺はサドルから浮かせるなどして対処するしかなさそうです。
それでも5000円ぐらいで入手出来たのでいい買い物でした。

[PR]
by play_alone | 2012-09-27 14:23 | アレックスモールトンAPB | Comments(0)
実は1か月以上モールトンに乗れていませんでした。
c0270412_4104951.jpg
原因はタイヤサイドが裂けて歪んでいたからです。シュワルベ・ステルビオのロゴが古い割に全然すり減っていなかったので、おそらくかなりの間乗らずに保管されていたのでしょう。
c0270412_4104913.jpg

いい機会なのでタイヤ・チューブ・リムテープまとめて交換。
最近は海外の通販サイトをよく利用します。国内で買うよりはるかに安く、一定以上の金額なら送料もかからないというちょっと前なら信じられないくらい便利になりました。でも、こういう行為が国内の小売業をダメにしていくのかぁ・・・と、ちょっと罪悪感もあります。
c0270412_4104992.jpg
新調したPanaracer Minits Lite。10分ぐらいの試走での感想ですが、直進は軽く、コーナリングは安定しているように感じます。
c0270412_4104957.jpg

ついでに忘れていたフロントサスペンションのグリスアップも。それほどグリスは傷んでいませんでしたがせっかくなので。
c0270412_410494.jpg

最初これを見たとき「何か曲がってるし・・・」と思いましたが、実はボールジョイントになっていました。さすがはモールトン博士、手が込んでいます。
c0270412_4104950.jpg
あとはグリスたっぷりで組み上げ。
c0270412_4105064.jpg
グリスアップによるフロントサスの違いは感じられませんでしたが、気分的に良しとします。

[PR]
by play_alone | 2012-08-08 02:31 | アレックスモールトンAPB | Comments(0)

サドルレール磨き

ブルックスB17ナローのサイド部分をカットしたときにサドルレールの塗料を剥離したのですが、その後なにも処理をしなかったので錆び放題でした。
これのせいでなんとも貧相なサドルに見えていたので今回はこれを綺麗にしようと思います。
c0270412_3143343.jpg
この状態を、
c0270412_3143440.jpg
#320の紙やすりで錆びを落とし、
c0270412_314346.jpg

本来なら#400~#800で下地を作るのですが生憎手持ちがないので、いっきに#1000耐水ペーパーで磨きます。なので全然キレイではありません。
c0270412_3143473.jpg

さらにそのまま#2000に突入。
c0270412_3143716.jpg
最後にピカールで仕上げ。この後、防錆のためにクリアーを吹くべきなのでしょうがこれまた手持ちがないので、そのうちにでも・・・
c0270412_3143788.jpg
c0270412_3143731.jpg

以前よりはマシ?といったところでしょうか・・・

[PR]
by play_alone | 2012-06-15 14:45 | アレックスモールトンAPB | Comments(0)
フロントシングルだからなのかチェーンがよく外れるので、チェーン脱落防止にフロントディレイラーを取り付けようと思います。せっかくなので手持ちのクランク(FC-7400-172.5mm)にも交換です(フロントシングル→ダブル)。
c0270412_3143761.jpg

見栄を張って中古だけどデュラエース(FD-7700)なんぞ購入。あきらかに私にはオーバースペックですが、モールトンには良いパーツを付けんとアカン!みたいな強迫観念が・・・
c0270412_3143718.jpg

ここで初めてアウター受けの錆に気付きました。これ、強い力がかかったら結構ヤバいかも・・・とりあえずホルツのサビチェンジャーを塗って応急処置。
c0270412_3143734.jpg

フレームの構造上、このアウターワイヤーの取り回しはしょうがないんでしょうか?なんか無理してる感じで、さっきの錆びてる部分が心配です。
c0270412_3143723.jpg
さすがデュラエース、ピカピカしてていい感じ。相変わらずフロントディレイラーの調整は苦手で、セッティングが決まるまで30分ぐらかかりました。

[PR]
by play_alone | 2012-06-14 16:12 | アレックスモールトンAPB | Comments(0)

ハンドル交換

どうも今付いているハンドル(NITTO M104)と相性が悪いので、交換しようと思います。
c0270412_3143726.jpg
c0270412_3143873.jpg

ショートリーチなのはいいのですが、ハンドルの突き出し部分とSTIレバーがV字型になっていて、手の位置が安定せず長時間乗ると手のひらが痛くなってきます。
c0270412_3143847.jpg

なので、同じくショートリーチでSTIレバーと相性が良いらしいNITTO M86に交換です。
c0270412_3143830.jpg

残念ながらこのモデルには黒色しかないらしく、アルミ地のステムとの色のバランスは微妙かも。でもステムも黒色にすると、次はヘッドも、次はアレもコレも・・・となりそうなので今はガマンです。
c0270412_3143855.jpg
さすがSTI専用、相性バッチリです。
c0270412_3143821.jpg

ステムに通すときにもう傷付けてしまって、さっそくテンション駄々下がりorz(後で黒マジックで塗り々々して、ノグのLEDライトで隠しました)。
c0270412_3143869.jpg

低粘着のマスキングテープでワイヤーを仮止め。ここでブレーキレバーを引こうもんなら、テープがブチっと切れるのでご用心(私は3回ぐらい切りました)。ビニールテープは時間がたつと粘り気がすごいので、私はあまり好きではありません。
c0270412_3143846.jpg

リアブレーキのワイヤーの取り回しがあまりよろしくなさそうですが、いろいろ考えるのが面倒なので結局同じように取り付け。
c0270412_3143830.jpg

私の所有する自転車は地味なものが多い(私自身も・・・)ので、ここはひとつオシャレにしますか!と今回、白ワイヤー&白バーテープにしてみましたが、
c0270412_3143840.jpg

オレンジフレーム&茶サドル&銀ステム&黒ハンドル&白バーテープ&白ワイヤー・・・
c0270412_3143844.jpg
微妙な色の組み合わせの出来上がりにこれまた落ち込みます。

[PR]
by play_alone | 2012-06-07 16:38 | アレックスモールトンAPB | Comments(0)

☆当ブログの記事内容を真似して問題が発生しても、賠償責任など一切責任を持ちませんのでご了承ください ☆前のブログからの引っ越しによる画像やリンクの乱れがあるかもしれません ☆まとめ・キュレーションサイトへのリンク、画像転用、出典は固くお断りします、特に NAVERまとめ


by play_alone