カテゴリ:M1シャーマン RC化( 6 )

c0270412_21335930.jpg

車重が軽いので単4から単3に戻します
でないと履帯が地面をちゃんとグリップしてくれません
砲塔内部にも使えなくなった電池を入れて重量を稼ぎます

c0270412_17123551.jpg

問題の送信機、前進はを左レバー前と右レバー左、後進は左レバー後ろと右レバー右
左旋回は左↓・右→、右旋回は左↑・右← …書いてても混乱する

c0270412_10204825.jpg

右レバーを90度回転出来ないかと分解してみるも、これは自分の手に負えなそう
そのうち慣れるかと思いきや未だに混乱します

色々と不完全燃焼ですが、ひとまずこれで完成としておきましょう

c0270412_21335964.jpg

c0270412_21340181.jpg

写真だと粗が目立たない
しかし、履帯がすぐ外れてしまうのがなんとかならんものか


路面の凹凸に合わせて転輪がうにうに動くのはたまりませんなぁ
常人には理解し難いでしょうが…

おわり






c0270412_10205563.jpg

次はティーガーか? パンターか? はたまたⅣ号か?
※先日の特番で原文先生と上田信先生がイチャイチャしているのが見れて幸せでした

[PR]
by play_alone | 2016-06-08 18:00 | M1シャーマン RC化 | Comments(0)
今日はD-DAYですなぁ、という訳で?続き

結局4mm径のバネを入手

c0270412_11060794.jpg

長さは現物合わせで切っていきます
端っこの転輪は履帯に引っ張られるので、スプリングの端っこの硬い部分を使います

c0270412_11060864.jpg


M1 → M4A1(76) にするにはホーンカバーを付けなければ良いだけらしい
米軍デカールの手持ちが無いので、マスキングして星マークを塗ってみる
なので星マークが歪んでますがそこはご愛嬌



見よう見まねでスジ彫りやらドライブラシなんぞもやってみたり
※タミヤのラッカースプレーはエナメルに負けるのなんて知らなかったYO!

汚し処理(ウェザリング)は今回パス
やったことがないという理由もありますが、(塗装とはいえ)泥まみれのラジコンが机の上や部屋の中を走り回るのにちょっと抵抗があったりして

c0270412_10235985.jpg

シャシーに穴を開け、スイッチをグルーガンで固定

c0270412_11060700.jpg

スペースが狭いので単4電池に変更
本来は単3×3本ですが2本でも動作したし、そのほうがモーターがゆっくり回って戦車っぽい
受信範囲は5m前後


次ぐらいで完成かな~ 

[PR]
by play_alone | 2016-06-06 18:00 | M1シャーマン RC化 | Comments(0)
ここからは説明書通りに組み立て

c0270412_09441907.jpg

昔のガンプラとは比べ物にならないくらいとにかく細かい

c0270412_09441893.jpg

それでもさすがはタミヤ製品、説明書もわかりやすくパーツも綺麗にはまります

機関銃やジェリ缶などの小物はひとまず保留
一応ラジコンなので、動きまわってあちこちぶつけて壊しそう


いよいよ最後の難関、塗装です
子供の頃はタミヤニュース見てどうしたらあんな塗装ができるのか不思議でなりませんでしたが、
今はネットに情報が溢れまくっているのでたいへん有り難い


c0270412_10235746.jpg

プラカラー大人買い

c0270412_10235816.jpg

サフェーサー吹くなんて上級者っぽい

c0270412_10235819.jpg

いよいよ戦車っぽくなってきました

c0270412_10240338.jpg

c0270412_10235756.jpg


車長ハッチを開閉出来るよう1mmの穴を開け真鍮棒を通します
まだフィギュアを塗る自信がないけど、いずれ塗装技術が上がったらここにブラピ似のフィギュアを載せてみたい
他のハッチは開閉させても中身が電子部品だし強度が下がるのも嫌なのでそのまま


続く

[PR]
by play_alone | 2016-06-03 18:00 | M1シャーマン RC化 | Comments(0)
いろいろ考えた結果、技術的・予算的にこれが最善っぽい
c0270412_12415991.png
赤い部分を追加して巻きバネを入れれば動きそう

では、工作開始

c0270412_09315219.jpg

軸受けに1.5mmの穴を開けて1.2mmの銅線を入れます(1.5mmの芯棒が手に入らなかったので)


c0270412_11575855.jpg

ランナーを切ってバネ受けにします

c0270412_13324514.jpg


バネ受けを接着

c0270412_11581121.jpg

ボールペンのバネが丁度良いのですが、手元に使えなくなったボールペンが6本(1本を半分にして全部で12個)も無いので真鍮で作ります

c0270412_11580402.jpg


準備完了、これを組み立てます

c0270412_18115124.gif

自作の可動式VVSS風サスペンション出来ました
実車と構造が違いますが現時点ではこれが精一杯、動いただけでも良しとしよう

GIFで見てお分かりのように、左右のバネ強度が違います
真鍮は柔らかいから加工するにはいいけどやっぱりバネには向かないか

左右合わせて6個作ってシャシーに接着
ガルパン劇場版見ながら作業したら4日もかかってしまった
※ガルパンシリーズはガルパンおじさん達がキャッキャウフフしてるミリタリーコメンタリーが本編です

c0270412_09441845.jpg

右端と左端のサスペンションがかなり沈んでいるのがわかります
バネの力が弱いので履帯にテンションが掛けられず、走行させるとすぐに履帯が外れてしまいます
超信地旋回ごっこがしたかったのに、バネを入手するまでおあずけ

それでもなんとか第2関門の出口は見えてきました


続く

[PR]
by play_alone | 2016-05-30 18:00 | M1シャーマン RC化 | Comments(0)
第2関門はサスペンション

c0270412_09312936.jpg

キットはディスプレイ前提なので稼働しません
そのままか動かすかどうするかな~と悩みつつ、数日放置

調べたらタミヤのイージーエイト(M4A3E8)のキットはサスペンションが動くらしいので購入

c0270412_09321315.jpg
c0270412_09320577.jpg

動かないし
予算オーバーした上に使えないとか困った

ちゃんと調べたらこれの前に発売されていた限定版のキットの方でした
※A1とA3E8ではVVSSとHVSSで構造そのものが違うとか、それすら知らなかった
オークションだとプレミアついてお値段2倍位になってる

晩酌しつつ「フューリー」を見たらテンション上がって「オレはやるぜオレはやるぜ」状態に

c0270412_09313634.jpg


糸鋸でアーム部分を切り出します

c0270412_10533439.jpg

翌朝シラフになって、これどうすんねん…と
そもそもこのサスペンションの構造がよく理解できてないのに

検索したら海外で生シャーマンをレストアしている動画がありました
戦車レストアとか凄いな


ヘインズも整備書出してました

c0270412_16153500.png

これでやっと構造は理解
竹の子バネなんて始めてみました
問題は、図の”O”の部品、サスペンション・レバーという”へ”の字型の部品を12個量産しなければいけないこと

考え中…


続く

[PR]
by play_alone | 2016-05-25 18:00 | M1シャーマン RC化 | Comments(0)
海外ドラマ「バンド・オブ・ブラザーズ」を見てM4シャーマン戦車にひと目惚れ
中でも鋳造車体の丸っこいM4A1がお気に入り(M1はM4A1がイスラエル軍に渡り改装され名前が変わったもの)

これ以上手を広げてはイカン!と思いつつも我慢できず、プラモデルを物色
「戦車が動くのは男の子のロマンだ!」というわけで老眼と戦うおっさんがでラジコンに…というのが今回のネタ

c0270412_13335319.jpg

プラモ製作は二十数年ぶり、特に上手いわけでも無く、しかも戦車はこれが初めて
行き当りばったり、出たとこ勝負なので完成出来るかは不明


ラジコン改造をネットで予習しましたが、この道の大先輩方はギアボックスを自作するという熟練工ばかりで、素人の自分にはとても真似出来ません

c0270412_13335727.jpg

なので流用できそうな物を探し、タミヤのツインモーターギアボックスを発見
安いRCキューブ組み立てキットという送受信機も一緒に購入
※今回の裏テーマは「お金をかけない」、すぐ飽きるのは目に見えているので…

c0270412_13321298.jpg

とりあえず2つを繋げてみたところ
安いだけあって速度調整が出来ません、残念

c0270412_13321423.jpg

そのままではギアボックスの幅が広くが車体に入らないので、側面をカットして2mmのプラバンで作り直し
今度はギアシャフトが長くなるのでこれもカット
シャフトは固定してませんが、車体に入ってしまえば落ちることも無し
あとは余計な部分を削ります

c0270412_13321228.jpg

次はドライブシャフトが通るようにシャシーを加工します

c0270412_13321399.jpg

余分をカットし、3.5mmの穴を開けハトメが通るか確認

c0270412_13321472.jpg

シャフトを適切な長さにカット、プラのスペーサーとミニ四駆のギアを通します
左右のシャフトは繋がっていないので、回転でブレないように先ほどカットしたギアボックスのシャフト受けの穴を広げて通します
ファイナルギアをもう一回り大きくしたいけど、スペース上これが限界

c0270412_09314648.jpg

デフカバーが小さいので、カバーの内側を削らないとギアが当たってしまいます
削り過ぎると穴が空くので慎重に

c0270412_09314922.jpg

車体にギアボックスを収めるという第1関門は突破
仮組み状態ながら起動輪が回転するようになりました

次はサスペンションの加工です


続く

[PR]
by play_alone | 2016-05-20 18:00 | M1シャーマン RC化 | Comments(0)

☆当ブログの記事内容を真似して問題が発生しても、賠償責任など一切責任を持ちませんのでご了承ください ☆前のブログからの引っ越しによる画像やリンクの乱れがあるかもしれません ☆まとめ・キュレーションサイトへのリンク、画像転用、出典は固くお断りします、特に NAVERまとめ


by play_alone