カテゴリ:クロモリロード( 29 )

恒例のハブの研磨

久しぶりのロードバイクがすっかり楽しくなってしまい、最近の通勤はもっぱらロードばかり
が、しばらくほったらかしだったのでグリスの劣化か、タイヤの転がりがよろしくないのでハブのグリスアップをしました
ある程度は改善されましたが、それでもモールトンどころかブロンプトンよりも前に進みません
ならば懲りずに当ブログのお家芸?でもあるハブの玉押しの研磨をしようと思います
c0270412_21000081.jpg
ハブは SHIMANO600、30年近く前のハブなので現在の工業製品の精度と比べるのはナンセンスか
インパクトにドリルチャックを取り付けハブシャフトを固定し、玉押しを回転させ耐水ペーパーを当てて研磨します
#1000→#2000 の予定が手持ちで#1200しかなく、#1200で妥協しました
c0270412_21000602.jpg
仕上げに花咲かGで鏡面仕上げ、まあまあの出来上がり
次は玉受け側
c0270412_21001135.jpg
こちら側は真円が狂うとよろしくないので、耐水ペーパーを10回こすったら一定の角度で回転させまたこするを繰り返します(支えている左手でスポークを2~3本ずつ持ってヤスリをかけ、次は隣の2~3本と作業する)
まあ人の手での作業なので、歪みは少なからず出ると思います…
c0270412_21002120.jpg
ペーパーがけが終わったら研磨剤をつけてバフがけ
c0270412_21002856.jpg
画像だとピッカピカに見えます、今回はセラミックグリスを少なめで組み上げました
組み上げる際の玉押しの調整ですが、強めに締めこんでもゴリゴリしなくなりました
続けて後輪も同じ作業をして出来上がり
c0270412_18414931.jpg
さて試走の感想ですが、期待とは裏腹に以前よりは進むようにはなったけど劇的に変わった!というほどではありません
20インチ(65アルテハブ+舟辺精工G3ベアリング球)のモールトンと同じといったところ
本来なら直径の大きい700cの方が前に進むはずなんですが…残念ながらおっさんの貧脚を助けるほどの効果は得られませんでした

[PR]
by play_alone | 2014-04-25 16:44 | クロモリロード | Comments(0)

小春日和

埃をかぶっていたロードバイクを引っ張り出し、カメラを抱えてお散歩しました
c0270412_18075287.jpg
c0270412_18074682.jpg
c0270412_18073950.jpg
佐渡の桜はもう少しです
[PR]
by play_alone | 2014-04-08 18:19 | クロモリロード | Comments(0)

イメチェン、やっと完了

以前、通りすがりの人に「ランス・アームストロングのファンですか?」と聞かれて大変恥ずかしい思いをしたので、いい加減左レバーをSTIレバーに戻そうと思います。
c0270412_4104323.jpg
まぁ上の文章は半分冗談ですが(通りすがりの人にそう言われたのは本当)、SHIMANO600のWレバーと74DURAのFディレイラーの相性があまり良くなくて、どんなにネジをきつく締めても振動でレバーが動いてフロントディレイラーのチェーンガイドがチェーンにこすれてしまうのです。なので、やっとシフトワイヤーを買ったので交換します。
c0270412_4104387.jpg
さくさくとワイヤーを外していきます。
c0270412_4104373.jpg

Wレバーも。
c0270412_4104484.jpg

バーテープを剥がしてから、新しいバーテープを買うのを忘れていることに気付きます。買いに行くの面倒なので今回は再利用。
c0270412_4104474.jpg

今回はブレーキワイヤーは再利用しようと思い、何か方法はないかとネットで捜してみたらワイヤーの先端を半田付けする方法を知りました。
以前、何も知らない頃に試みたことはあるのですが、ステンレスのワイヤーにはステンレス用の半田とフラックスが必要とは知らず、電子工作用の半田で悪戦苦闘してました。
c0270412_410443.jpg

ワイヤーがほぐれないで、尚且つアウターの中を通るくらいに薄く半田を盛ります。
c0270412_4104468.jpg

ブレーキワイヤーを抜いて、レバーを外します。
c0270412_4104433.jpg

STIレバーを先に取り付けてしまうとワイヤーを通すのが大変なので、先にワイヤーを通してしまいます。
c0270412_4104466.jpg

ワイヤーを通したらレバーを取り付け。
c0270412_4104797.jpg

アウターアジャスター?ホルダー?も取り付け。
c0270412_4104713.jpg

シフトワイヤーに薄くグリスを塗り、アウターに通して、
c0270412_4104796.jpg

ディレイラーにワイヤーを固定して出来上がり。ワイヤーに残ったフラックスは、消毒用アルコールで綺麗に除去します。
c0270412_4104736.jpg

お遊びでワイヤーの先端を半田で涙滴状にしてみました。
お遊びと言いながらコレが今回の作業で一番大変だったかも。ワイヤーの先端が下を向くようにフレームを立てたり寝かせたり、うまく半田が形にならず、床が半田だらけになったり・・・
c0270412_4104752.jpg


[PR]
by play_alone | 2012-07-04 17:19 | クロモリロード | Comments(0)

ペダル交換

クロモリロードにもともと付いていたPD-6401、
c0270412_4104745.jpg
さすがにスニーカーで乗るには無理があり過ぎなので、トゥークリップ付きペダルに交換します(一応SPDシューズは持っていますが、やっぱり買い物とかだと気が引けてしまうので)。
c0270412_4104883.jpg

ペダルと言えば三ヶ島製作所。SYLVAN ROADとトゥークリップとストラップを購入。
c0270412_4104868.jpg

これ単体で見ているだけでワクワクします。
ちょっとゴリゴリする感じがあるので、一度分解してグリスアップしたいのですがどうやら専用工具がいるみたいです。
c0270412_4104881.jpg

細身のフレームにこのペダルは良く似合います(自画自賛)。
トゥークリップは久しぶりだったので、思い出すまで何度か怖い思いをしましたが・・・

[PR]
by play_alone | 2012-07-03 15:02 | クロモリロード | Comments(0)

やっと購入

今日のお買い物。
c0270412_3132789.jpg

8速用と9速用のチェーンとロード・MTB用のブレーキパッドのセット。
それと今回の買い物の本命、ST77レバー用のブレーキワイヤーフックです。
c0270412_3132778.jpg

今まで伸ばし伸ばしにしてきたものをやっと購入。でもこれ(ST77用)がST74に合うかどうかは不明なのです。まぁ、400円ちょっとなので失敗してもダメージは低いと思い勢いで購入しました。
c0270412_3132782.jpg

上がST77、下がST74、部品の材質や形は違いますがワッシャーの径やワイヤーを通す部分も問題無さそうです。
ワッシャーの軸にグリスを薄く塗り、レバーに取り付けてみました。
c0270412_3132767.jpg
 
c0270412_3132735.jpg

はめ込むときは少し硬いですが、はまってしまえばクルクルと回ります。どうやらこれで大丈夫そうです。
・・・とここまで来て、ブレーキワイヤーとシフトワイヤーを買うのを忘れていることに気づきました。

この続きはいずれ、また・・・。

[PR]
by play_alone | 2011-10-20 01:33 | クロモリロード | Comments(0)

補助ブレーキ

今までもロードバイクに補助ブレーキを付けるのを迷っていたのですが「ロードバイクに補助ブレーキって邪道だよね~」的な考えがありました・・・が、今回の事故で「カッコより安全でしょ?」になったので、早速補助ブレーキを取り付けます。
c0270412_3132016.jpg
今まで付いていたバーテープを剥がし、灯油で残った糊を除去。
c0270412_3132012.jpg
エイドバーに合わせてアウターの切断予定箇所に印を付けます。
c0270412_313204.jpg
c0270412_3132041.jpg
私はワイヤーカッターを持ち合わせていないので、普通のペンチで切断、ヤスリで切断面を整え、キリの様な物で内径を整えます(出来ればもう少し切断面を綺麗にした方が良いです、レバーの引きの軽さに影響するので)。
c0270412_3132077.jpg
STIレバーからエイドバーまでのアウターの長さは結構シビアなので、最初は1~2mmの余裕を持って切断したほうがいいかも。
c0270412_3132017.jpg
c0270412_3132031.jpg
ワイヤーに薄くグリスを塗りアウターに通してレバーを左右とも取り付けたら、低粘着の両面テープで数箇所下地を付けて手芸店で購入したコットンテープを巻きつけます(内巻きか外巻きかは好み?)。骨折中の身には結構しんどいぐらい力が要る作業です。
c0270412_3132694.jpg
最後の飾り?テープは今までのものを再利用するので、裏面に強力タイプの両面テープを付けて巻きつけます。私は今までこれでバーテープが緩んだことはありませんが、あまり真似しない方がイイかも。

※まさかとは思いますが、この様な素人の作業を見て自分で補助ブレーキを付けようとする人はいないと思いたいですが、万が一いらっしゃったら止めたほうが賢明です。ブレーキの加工は命に関わります。経験が少ない方は是非ともプロに任せましょう。自己責任ってヤツです。
「それでも!」と思う方がいらしたら、最後の点検で緩めたネジを再度の増し締め、両手でブレーキレバーを強く握って、ワイヤーがずれなければパニックブレーキには対応できると思います。後の調整はコツがわかるまでトライ&エラーしかありません。

[PR]
by play_alone | 2011-08-04 02:45 | クロモリロード | Comments(0)

今年はパンクイヤー

梅雨明けしたので久々に走りますか~と、ロードバイクに乗ろうとしたらこっそりパンクしてました。
もうパンク修理するの面倒なので、新品を購入。
c0270412_3131850.jpg
Montello-Gripwell
店員さんに「安いタイヤだからセンターだし大変だよ~」と言われましたが、私的にはそれほどでもなかったです。
乗った感じはしっとり?といった感じでしょうか?変な表現でスイマセン。
次はいつパンクするのか・・・

[PR]
by play_alone | 2011-07-11 23:55 | クロモリロード | Comments(0)
年明けからの大雪も一段落し少しずつ路上の雪も溶け始めてきたのか、ロードやピストを見かけるようになりました。「オレも乗りたい!」とスイッチが入ったのですが、ウチのロードはパンクしたまま・・・。
普通ならチューブラーのパンク修理=タイヤ交換、ですが買いに行くのがメンドクセ-し、まだ買ったばかりでモッタイネーなので、好奇心かねて自分で治してみるべ?と。治らなかったら新品に交換すればいいし。
ネットか本かは忘れましたが、「一昔前は中のチューブを引きずり出してパンク修理をしていた」と読んだような記憶があった気がするので、ぶっつけ本番でやってみました(いま考えれば、ネット上にいくらでも情報はあったのに・・・)。
c0270412_3131298.jpg

いきなり縫い代を覆う布を破いてしまいました。前途多難な予感。
c0270412_3131318.jpg
 
c0270412_3131394.jpg

カッターで縫い糸を切って中のチューブを引きずり出します。なんか黒いの出てきた!
c0270412_3131378.jpg
 
あとは普通のパンク修理の手順で。問題はここから。
といっても大して考えがあったわけではなく、革細工の材料と経験も多少あるので、ナントカナンベ?とテキトーに縫っていきます。
c0270412_3131350.jpg
 
c0270412_3131375.jpg

革細工用の縫い針は先端が尖ってないので、チューブを傷つける心配がなく安心ですし、糸は革用なので強度は大丈夫でしょう。余った糸はテキトーにカット。←大丈夫か?
c0270412_3131320.jpg

問題の出来上がりですが、汚ねっス。縫い代を覆う布を破かなければもう少し綺麗に出来たのに。でも、タイヤが歪んでる感じもなく、軽く走ってみた感じでは問題なさそう・・・な、気がします。
普通のパンク修理なら10分で出来る自信はありますが(なぜか小学生の頃から親父に無理矢理チャリンコのパンク修理とかクルマのタイヤ交換なんかをさせられてました。当時はすごく嫌だったけど、今となってはそれもアリだったかなーとか思ってます)今回は初めてということもあってか、1時間近くかかりました。こりゃ確かにメンドクセーです。新品に交換したほうがラクですね。
でもこれで時給タイヤ1本分と考えるとアリか?

[PR]
by play_alone | 2011-02-07 19:08 | クロモリロード | Comments(0)

なんでやねん!

またまたパンクしやがった!今まで自転車に乗ってウン十年、こんなに派手なパンクは初めてです。
c0270412_313648.jpg

深夜に1人、大声で自転車に突っ込みを入れてしまいました。

[PR]
by play_alone | 2010-12-20 20:20 | クロモリロード | Comments(0)
タイヤを新調したので、久々にクロモリロードで通勤兼仕入れでいつもの通勤路を走り始めたのですが、
「・・・空気圧が足りない?」
という第1印象でした。自転車から降りて指で確認したのですが、カンカンに入ってます。「もうちょっと入れてみるか?」とカチカチになるまで入れましたが、印象は変わらず。自分でも違いがわかるモノなんだなぁ~と、ちょっとうれしくなりました。
c0270412_313655.jpg

でも、以前のPanaracer Practiceが私的には好きだったかな?ロードノイズが減ってグリップが増した感はありますが、以前のような漕ぐのを止めた後のスーっと滑るような感覚が無くなりました。もちろん、この辺りは好みの問題でしょうが。

1回ぐらいはレース用の高級チューブラーを試し履きしてみたいものです。

[PR]
by play_alone | 2010-12-09 01:42 | クロモリロード | Comments(0)

☆当ブログの記事内容を真似して問題が発生しても、賠償責任など一切責任を持ちませんのでご了承ください ☆前のブログからの引っ越しによる画像やリンクの乱れがあるかもしれません ☆まとめ・キュレーションサイトへのリンク、画像転用、出典は固くお断りします、特に NAVERまとめ


by play_alone