<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

はざいやさんに注文していたアクリルパイプが到着

c0270412_16463664.jpg
50mm径/2mm厚のパイプと丸板を何枚か
ホームセンターのと違って透明度がスゴイ

c0270412_17393768.jpg
とりあえず45cmでカット、後で微調整
1/72 Uボートはデカいんだけど船体が細いので内部に余裕がありません
中心部を60mm、先端を50mmとしている作品もありますが、そうすると異径接合部の部品を作らねばならず、未熟な私には無理
50mm1本勝負と行きましょい

RC潜水艦の第1関門、WTCのフタ
ねじ込み式のフタだと モーター軸やサーボロッドや注排水パイプを出すのにいろいろ不都合が出るので、押し込むタイプがよさげ
もちろん防水で
けどそんなニッチなフタなんて市販品では見当たらないので、皆さん自作されてます
3Dプリンタかフライス盤が本気で欲しい今日この頃

c0270412_17395898.jpg
最初はアクリルの丸板を貼り合わせて作るつもりでしたが、ホームセンターでなんとなく塩ビのスクリューキャップを入手
なんとなく使えそうなのでなんとなく加工してみます

c0270412_17392863.jpg
取っ手はノコギリで切り落とし、外周はニッパーでぱちぱち切っていく

c0270412_09403812.jpg
仕上げはヤスリで整えます
風呂場で浸水テストをしたら、僅かながら空気が漏れました

c0270412_09455617.jpg
ネジ山とOリングの間に隙間があるようなので、ホーステープで凹凸をなくします

c0270412_09404056.jpg
ひとまずこんな感じ、今度は漏れません

c0270412_09455444.jpg
もっと苦労すると思っていたのに 案外すんなり出来た
これは何かのフラグかもしれない

Oリングの位置ですが、出来るだけ奥にあった方がいいように思えてきました

c0270412_14092763.png
フタの厚み分や バラストタンクのピストンが押されて内圧が上がり、最悪外れるかもしれません
もしそうなってもOリングが奥にあれば浸水は回避できるのではないかと
でもそんな加工できないし…どうしたものか
※寸切ボルトでエンドキャップの固定も考えましたが、内径46mmしかない狭いパイプの中を通すとシリンジが入らないのと、ボルトを外に出すと今度はWTCがボディに収まらないので

c0270412_09404277.jpg
船体に入れてみたところ、僅かですが余裕あります

現状、WTCを出し入れする時は開口部を無理やり広げねばならず、メンテナンスの事も考えるといずれ船体を切らなければいけません
縦に切るか横に切るか…
どちらにしても1万円を超えるキットを綺麗に真っ二つにするのは、技術と度胸という私がどちらも持っていないモノが必要

これも後回しだな…


続く

[PR]
by play_alone | 2016-12-25 06:00 | UボートVII型 RC化 | Comments(0)

Band of Brothers

サイバーマンデーでBDボックスが安くなっていたので購入


前に見たのはDVDだったので、BDだと画質もそうですが音の迫力が全然違いますね~
相変わらず面白すぎて作業用BGVのはずが見入ってしまい手が止まります
全10話で1番のお気に入りはやっぱり衛生兵の回

[PR]
by play_alone | 2016-12-22 06:00 | 音楽・映画 | Comments(0)
歴史ヒストリアの伊400の番組録画を削除してしまったようで憂鬱な今日この頃ですが、
潜水艦ラジコンの始まり々まり


このレベルのキットで最も不満なところは、笑うノコギリエイのステッカーが入っていない事

c0270412_17122200.jpg
これを作る人は間違いなく映画”Uボート”を見ているはずなのに意味不明

↓これ

c0270412_17153597.png
皆さん自分でステッカー自作されているので私もそうするか、頑張って筆塗りするか…
これは最後までとっておこう、ダルマに目玉入れるみたいに


最初は船体にある水抜き?空気抜き?穴をあけます
一応潜水するつもりなので空いてたほうが都合がよいでしょう

c0270412_17120721.jpg


c0270412_17120681.jpg
ピンバイスで穴をあけカッターでそれを繋げる、気の遠くなる作業
カッターの刃なんか穴を5個も開けたら交換です
途中からリューターに変更したら、作業時間が1/5くらいになった

c0270412_09423014.jpg
魚雷発射扉周辺は強度が心配なのでパス

c0270412_09423277.jpg
穴が汚い、あとでちゃんと修正しないと

次は甲板のスノコの穴あけ

c0270412_17121522.jpg

c0270412_17122184.jpg
これまた0.6mmの穴をちまちま開けていく
全部は強度と気力がもたないので、機銃周辺や補強リブがある所はパス

c0270412_18073519.jpg
半分にも満たないけど頑張った


c0270412_09423536.jpg

c0270412_09423793.jpg
穴の数は気力のパラメーター、私は400ptってとこ
ちなみに全部開けたら8~900ptくらい
さすがに無理っス…


作業が終わった後で知りましたが、水抜き穴の裏側をザグれば一つ一つ開けなくても…
ラ、ラジコンだから強度が必要なのでこれでいいのだ


続く

[PR]
by play_alone | 2016-12-18 06:00 | UボートVII型 RC化 | Comments(0)
amazonでBluetooth受信機を物色していたら、Bluetoothアンプを発見
なんとお値段1,589円、アンプもついてこの値段は凄いが ケースがないのでやっぱりこんなもの?

c0270412_19053011.jpg
納品書、袋、本体のみ
電源は自分で用意(私は12V・5Aを使用)

基板には、再生・曲送り・曲戻し・音量 + - のボタン、音量調整のディップスイッチ、電源プラグコネクター、スピーカーコネクター
片方のスピーカーコネクターが黒ずんでいるのが不安感を煽ります

電源を切る度に音量がリセットされるので、ディップスイッチで初期値を設定
あとはスマホ側で調整が実利的
再生・選曲のボタンは使わないので、代わりに電源ボタンが欲しかった

c0270412_19170237.jpg

ペアリングを済ませて いざ音出し、今更ながらBluetoothデビューです
使用前の先入観は、音が悪い・ノイズが多い・音が切れる…でしたが、そんなことはありませんでした

音質は、いわゆる駄耳なので偉そうなことは言えませんが、気持ち低音多めの元気な音です
音源とスピーカーが良ければお値段以上の音が楽しめるかと
そもそも名刺サイズで50Wとかおっさんにはちょっと信じられない

音切れもありませんが、僅かながらノイズはあります
小さくホワイトノイズが聞こえるのはしようがありませんが、スマホ ↔ アンプが20cmを超えると「チ・チ・チ・・・」と小さく聞こえます
まあラジオみたいなもんだと割り切れば気にはなりません
御守り程度にフェライトコアを3個つけましたが効果は不明
それと、電源投入時のポップノイズが爆音なので最初はびっくりすること間違いなし
スピーカー大丈夫か…?



※古いジャズばかりなのは著作権が切れてるから

c0270412_19060618.jpg
ケースは手元にあった名刺入れを流用
もうちょっとカッコいいケース欲しいけど そもそも操作しないから目につかない場所に置くし、金属ケースは電波に影響しそうだしで、これでしばらく様子見
できれば電源ボタンとアンテナを増設したい


このお値段でこの性能なので、いくつも買って家中のスピーカーの中に埋め込んだり、アンティークラジオに入れてお洒落なポータブルラジオにしたりとか妄想だけ膨らみます
面倒なのでしませんが

[PR]
by play_alone | 2016-12-15 06:00 | 家電製品 | Comments(0)

Revell 1/72 U-Boot VII C

こうなってしまったのもきっとタモリ俱楽部のせい

c0270412_16332251.jpg
嘘です、タモリ俱楽部大好きです、毎週欠かさず見てます

8月12日放送の”RC潜水艦”回を見て「もしかしたら俺でも行けんじゃネ?」とか勘違いしてしまったのが始まり
それから少しづつ勉強して、SCX10も一段落したので清水の舞台からダイブしました

伊400も興味あったけど(というか伊400とUボート位しか知らない)ラジコンにできるソコソコの大きさとなるとアシェットの週刊伊400か、ウッディージョーの木製模型 のみで私には現実的ではないので、今回は1/72のUボートにしました

c0270412_16332548.jpg
記念撮影
全長93㎝、身長の半分以上

c0270412_16333734.jpg
などと遊んでいたら船首が曲がった(最初から曲がってた?)
でもこれくらいなら修正可能なので胸をなでおろす
※箱は立てないほうがいいです

c0270412_16332893.jpg
デカい、というより長い
太刀魚みたい

c0270412_16333024.jpg
他のパーツが少なく見えるのは箱がデカいから
フィギュアも付いてました

c0270412_16331949.jpg
説明書は文字なしの図解のみ
ひと通り目を通したけどちょっと分かり難い

内部の機構はまだ迷ってますが、水密容器を作り(WTCというらしい)その中に電気部品をいれ、浮沈装置はウォーターポンプを使ったバラストタンクにする予定
キモは密閉性とバラストタンクでしょうか
無理ならダイナミックダイブ式になるんでしょうが、頑張ってバラスト式に挑戦してみたい

人生初の艦船模型が海外メーカーのビッグスケール、しかも潜水艦ラジコン化とか我ながらかなり無謀な気もしますが、
先人達の轍の跡をなぞって歩けばいいから(ネット情報頼み)何とかなるでしょう


夏までには就航させたいなぁ~ そもそも完成させられるのかなぁ~

[PR]
by play_alone | 2016-12-10 06:00 | UボートVII型 RC化 | Comments(0)

HAUWEI P9

スマホを新調しました

c0270412_16051040.jpg

愛用してきたXperia Z Ultraは気温が下がると画面がバグるのでこの時期はかなり不便、バッテリーも半日保たないのでそろそろ買い替え時

①SIMフリーでFOMAプラスエリアが使える (田舎なので)
②ゲームしないので そこそこのスペックで十分
③でも綺麗な写真は撮りたい
④出来るだけお求めやすい価格
で、物色しました

ちょっと前なら「中華スマホとかw」でしたが、最近はスペックは十分、デザインもアフターサービスもしっかりしてきているので侮れません
そもそも数多あるスマホはほとんどが中国製だし今さらかも
※ファーウェイは、サムスンを抜いてアップルに次ぐ世界2位のスマホメーカーだそうな…知らんかった

c0270412_11435880.jpg

このライカのロゴに惹かれて購入を決意
それに、あの法林先生も使ってるみたいですし


身の回りをテキトーに撮影(HDR・モノクロ、未加工)

c0270412_16063914.jpg

c0270412_18534062.png
電柱部分の拡大、細かいところまでちゃんと撮れてる


c0270412_16064137.jpg

c0270412_16063595.jpg

c0270412_17302395.jpg

c0270412_10134653.jpg

c0270412_16064760.jpg


ライカのレンズ スゲーとか思ってたら「ライカと共同開発じゃなくて、ライカのお墨付きだぞ」という情報を見て何が本当か分からなくなりましたが、3年落ちのミドルスペックからの乗り換えの私には何もかもが高性能

長所
・写真が綺麗、豊富な撮影モード、撮影後にピント合わせができる
・サクサク動く
・液晶が綺麗
・作りが安っぽくない(デザインはアレっぽいけど)
・バッテリーの保ちがいい
・指紋認証爆速(指がかすっただけでもロック解除する)
・付属品が豊富(ケース・液晶保護フィルム・イヤホン・充電器・Type-Cケーブル・Micro→C変換アダプタまで)
・5万円を切るお値段

短所
・動画がしょぼい
・タッチ反応がちょっと鈍い(保護フィルムのせい? ディスプレイメーカーのせい?)
・ディスプレイの縁が湾曲してるので フィルムの端が浮く
・防水がない(でもyoutubeに2分間水没させても動作してる動画があった)
・バッテリーの寿命と やっぱりバックドアが心配

ハイエンドという位置づけのようですが、ほかのハイエンド(iphone7、S7、XZ…)と比べたら一歩劣ります
ミドルハイあたりの立ち位置かな~と個人的な感想
その代わりお値段は2歩ほど下がるので、コストパフォーマンスは良い


いい買い物したかも

[PR]
by play_alone | 2016-12-05 06:00 | 家電製品 | Comments(0)

☆当ブログの記事内容を真似して問題が発生しても、賠償責任など一切責任を持ちませんのでご了承ください ☆前のブログからの引っ越しによる画像やリンクの乱れがあるかもしれません ☆まとめ・キュレーションサイトへのリンク、画像転用、出典は固くお断りします、特に NAVERまとめ


by play_alone