<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ぼちぼち11

c0270412_3134433.jpg
LittleFlair、B4ケント紙、鉛筆2H~8B、2時間
久しぶりなので描けなくなってました。継続って大事です。

[PR]
by play_alone | 2012-04-26 17:01 | お絵描き・造形 | Comments(0)

小春日和

ブロンプトンを購入してからほぼ毎日、これで通勤しています。
c0270412_3134479.jpg
メンテナンスで乗り味が少しずつ良くなっていくのが楽しくて仕方ありません。
サドルとブレーキ以外はノーマル。もっと改造したくなりますが、これ以上の性能を求めるならロードバイクに乗ればいいという結論になりました(もちろん財政難の言い訳です)。
c0270412_3134497.jpg
見た目に反してなかなかのスピードで巡行出来るので、普段の生活(通勤、買い物、ポタリング等々)はこれ1台ですべて賄えそう。
泥除けとスタンドはかなり重宝してます。

[PR]
by play_alone | 2012-04-25 14:18 | ブロンプトン | Comments(0)

セラミックグリス

グリスなんて定期的に交換していればなんだって一緒…と思ってきましたが、16インチはそれほど転がりが良くないので少しでもハブ性能をの向上しようと思い、奮発してセラミックグリスなんぞを購入してみました。
c0270412_3134437.jpg
ほんの少し前にグリスアップしたばかりなのに早く試してみたくて、またまた分解。
c0270412_3134446.jpg

ベアリングの玉はまだ大丈夫そう。いずれセラミックボールに交換できたら・・・と、目論んでおります。
c0270412_3134522.jpg
いつものグリスの量より気持ち少なめにしてみました。

さっそくの試運転の感想は、ペダリングを止めた後の進み具合が少し改善されたかも?
それがグリスの性能のおかげなのか、グリスの量を減らしたからなのか、やっぱりプラシーボ効果なのか・・・といった相変わらず漠然とした感じであります。

[PR]
by play_alone | 2012-04-21 03:35 | ブロンプトン | Comments(0)

ブレーキ、その後

ブレーキワイヤーの固定がイマイチなので、またもや小細工をしてみました。
c0270412_3134545.jpg

正爪エンド用のチェーン引きをワイヤーの固定に使ってみようと思います。
c0270412_3134531.jpg

このままだと長すぎて反対側からねじ込めないので、金ノコで切断。
c0270412_3134577.jpg

こんな感じで取り付けて、
c0270412_3134525.jpg
ボルトでワイヤーを固定しました。
でも強度的にはどうなんでしょう?ブレーキレバーを両手で強く握ってもワイヤーはずれませんが、単にレバーの剛性が負けてるだけのような気もします。
c0270412_3134578.jpg
リアブレーキも同じく。
c0270412_3134696.jpg

これでリアスイングアームを折りたたんだ時のブレーキと地面のクリアランスに余裕ができました。
チェーン引きはボルトなどで固定していませんが、ワイヤーが中でクルクル回るとも思えないので、とりあえずはこのままで様子見です。

[PR]
by play_alone | 2012-04-20 01:49 | ブロンプトン | Comments(0)

閃いた!・・・のに、

どうにかしてフロントブレーキを交換しようと考えに考えて、ついに閃きました。
c0270412_3134611.jpg

この中に、
c0270412_3134684.jpg

ブレーキをこの状態で固定すればもしかしたら・・・という(安易な)考えでした。
c0270412_3134677.jpg

さっそく取り付けようとしましたが、この中ではスパナがほとんど動かせず、がっちりと固定するのに難儀しました。
c0270412_3134654.jpg

なんとか取り付け完了・・・と、簡単に見えますがこの間ホームセンターに2回も行き、取り付けに2時間近く四苦八苦してました。
c0270412_3134626.jpg

後ろはM6×25㎜で。
c0270412_3134625.jpg

泥除けがひん曲がってます、カッコ悪い。
リアブレーキ用のナットの短い方をつけているので、リフレクターを付けるほどナットに長さの余裕がなく、今回は残念ながら取り付けできませんでした。
c0270412_3134774.jpg
シューはタイヤにギリギリ・・・、というより、もう当たってるかも。
c0270412_3134740.jpg
アウターが傷んでいたので交換しようとばらしていたら、ただワイヤーをまとめているバンドかと思っていたのに、動かないようにフロントブレーキのアウターを1回切ってました。凝った作りです。 
c0270412_3134733.jpg
 
フロントのワイヤーも下出しに。普通に上出しでも大丈夫そうですが、いずれフロントバッグを付けるとなると干渉しそうなので、今回はこうしました。
さて、問題の折りたたみですが、
c0270412_3134773.jpg
折りたためませんでしたorz。
ハンドルバーがフロントブレーキのワイヤー部分周辺に干渉して、固定する金具(金属じゃないけど)に届きません。
なぜブロンプトンのブレーキワイヤーが下出し&左右逆なのかここにきてやっとわかりました。改造人泣かせの自転車です。
問題のブレーキの効きは、まだシューの当たりは出てませんが、100が150ぐらいに。フロントはリアほど劇的に変わりませんでしたが、安心できるレベルにはなりました。

結論 : 素直に純正にしましょう。

[PR]
by play_alone | 2012-04-16 18:56 | ブロンプトン | Comments(0)
2010モデルは標準がデュアルピボットブレーキだったと思うので(部品取りにされたのかも)、最初から付いていた全く効かないブレーキを交換します。
c0270412_313476.jpg

シマノ BR-R450。
ブロンプトンには泥除けが付いているのでロングアーチのブレーキが必要です。なので、制動力で考えるとシマノのデュアルピボットはこのBR-R450(ティアグラ相当)か、BR-R650(アルテグラ相当)の2択になると思います。私の場合は街乗りが中心で、時速40㎞以上で坂道を下ることもないのでこちらのティアグラ相当にしました。
けっこう軽い気持ちで交換するはずでしたが、
c0270412_3134722.jpg
ナットの長さが全然違います、これではさすがにムリ。フロントブレーキは今回見送ります。
c0270412_3135042.jpg

リアは少し足りませんが、何とかいけそうです。
c0270412_3135030.jpg
とりあえず取り付けて、
c0270412_313505.jpg
ケーブル調整ボルトを反対に付けます。ブロンプトンのワイヤー取り回しは、折りたたみの事を考えてかなり特殊になっていて、ブレーキワイヤーは下出しになっています。なのでこれを通常どおりに付けようとすると折りたためなくなったります。
c0270412_3135068.jpg
少ない知恵を絞りながらなんとか取り付けました。
c0270412_3135157.jpg
泥除けがかなり歪んでます。
c0270412_3135183.jpg

c0270412_313519.jpg
ブレーキシューは79デュラに交換。リム幅が広いのか、リムとシュートのクリアランスは1~2㎜とかなりギリギリ、センター出しとワイヤー調整はなかなか面倒でした。
c0270412_3135198.jpg
問題の折りたたみは、床からギリギリで大丈夫でした。結果オーライ!アフターパーツのベアリング入りローラーに変えればもう少し余裕が出そうです。
肝心のブレーキの効きですが、ビフォアーが100だとしたら、アフターは300ぐらいにはなりました。それぐらい違います。
今まではどんなに強く握ってもロックしなかったぐらいなので、以前が酷過ぎと言ってもいいかも。
ブレーキレバーを変えればさらに効きそうですが、あのチープさがもったいないので、とりあえずこのままでもいいかも~なんて思っています。
それとやっぱりフロントブレーキも何とかしたいです・・・

[PR]
by play_alone | 2012-04-14 03:33 | ブロンプトン | Comments(0)

BBの交換

晩酌しながらネットでブロンプトンの勉強していたら何故か盛り上がってしまい、BBの交換をすることに。
c0270412_3135142.jpg
ストックしてあった シマノ600のBB(113㎜)。運よくサイズが合いそうです。
c0270412_3135133.jpg
c0270412_3135177.jpg
c0270412_3135175.jpg
c0270412_313517.jpg
c0270412_3135444.jpg
c0270412_3135445.jpg
元々付いていたBBは思ったより回転は渋くなく、無理に交換するほどでもなさそうでしたが、せっかくここまで分解しておいてこのまま終わりではブログのネタにならないのでやっぱり交換します。
c0270412_313547.jpg
ブラケット内部も痛みはありません。
c0270412_3135768.jpg
c0270412_314077.jpg
c0270412_314138.jpg
高級感が出ていい感じになりました。
私の愚鈍な感性ではビフォァー・アフターの違いはわかりませんでしたが(ペダリング時の剛性があがったような気がする…かも?)、気分的にいい感じです。

[PR]
by play_alone | 2012-04-13 03:52 | ブロンプトン | Comments(0)

深夜のメンテナンス

では、さっそくメンテナンスを行います。画像多めです。
c0270412_314150.jpg
まず、フロントハブ。
c0270412_31418.jpg
c0270412_314116.jpg
c0270412_31416.jpg
 
次はリアハブ&フリー。
c0270412_314149.jpg
c0270412_314160.jpg
c0270412_314128.jpg
c0270412_314122.jpg
c0270412_314491.jpg
c0270412_314540.jpg
c0270412_314545.jpg
c0270412_314553.jpg
c0270412_314586.jpg
c0270412_314592.jpg
c0270412_314578.jpg
c0270412_314596.jpg
c0270412_31456.jpg
c0270412_314564.jpg
c0270412_314529.jpg
c0270412_314551.jpg
c0270412_314573.jpg
例によって、素人の作業なので説明はご勘弁を。。
ベアリングはグリスで大丈夫そうですが、内装変速は指定のオイルが必要らしいです.。
油分が無いよりは、多少成分が違っていても無いよりはマシ?といういい加減野郎なので、手持ちの粘度の高いチェーンオイルで代用してしまいました(故障の原因となるので真似しないでください)。
試運転をしてみましたが、漕ぐのを止めても以前より前に進む気がしますし、ラチェット音も小さくなりました。
結構スピードが出るので、次はブレーキをなんとかしないとです。

[PR]
by play_alone | 2012-04-11 04:13 | ブロンプトン | Comments(0)

ブロンプトン

THE、衝動買い。
c0270412_314582.jpg
オークションにて落札。
BROMPTON S1E (Sタイプ(バーハンドル)+1速+E(泥除け無し))に、内装3速×外装2速+泥除けをつけた個体のようです(S6L仕立て?)
c0270412_314573.jpg

ここ最近、自転車をクルマに乗せる機会が増えていたので安い折りたたみ自転車でも…と物色していたのですが、なんとまあ折りたたみ自転車の王道に手を出してしまいました。
c0270412_314676.jpg
2010年モデルで、色はターキッシュグリーン、環境に配慮してクリアは吹かずにつや消し仕上げのようです。
c0270412_314638.jpg
スターメイ・アーチャーの内装3速。ラチェット音は大きめ?
なかなかのワイドレシオで、トップ×トップはけっこう脚力要りそうです。
c0270412_314674.jpg
何とも頼りないブレーキレバー&シフトレバー。でも、ブロンプトンのロゴは捨て難いです。
c0270412_314947.jpg
シングルピボットのブレーキキャリパー、これがまったく利きません。
でも、ブレーキかけると泥除けもヘコヘコ動くのがチープでかわいいです。
c0270412_314996.jpg

700cロードと並べてみるとほとんど同じホイールベース。
その割りに手放し運転は出来ません(私だけかも…)。でも、16インチとしては直進安定性はイイほう?

これから長い付き合いになりそうなので、少しずつメンテナンス&カスタムしていこうと思います。

[PR]
by play_alone | 2012-04-09 21:17 | ブロンプトン | Comments(0)
通勤途中に突然シフトチェンジが出来なくなったので、点検してみたらアウターワイヤーが裂けてました。
c0270412_314975.jpg

ヘッドショックをヘッドチューブに入れるときに噛み込んで傷がついていたのは気付いていたけど、まだ新品だったし問題なくシフと出来ていたのでそのままにしていたのですが、この度アウターが錆びてご臨終になった模様。
c0270412_314990.jpg
ついでにブレーキワイヤーのアウターも無理な取り回しのせいで折れていたので丸ごと交換します。
c0270412_3141072.jpg

レースに出るわけではないので安価なワイヤーで私には充分。
c0270412_3141021.jpg
今まで付いていたアウターの長さに合わせて新しい方も切り分けます。
ワイヤーを通すとき、床にホコリや砂利があるとそれを巻き込んでしまう(ワイヤーが長いのでどうしても床に落ちてしまう)ので掃除してからの作業をお勧めします。
あとはワイヤーに薄くグリスを塗って組み付け。ここから先は例によって作業に夢中で画像はありません・・・。
c0270412_3141098.jpg

で、完成。
せっかくなのでアウターのロゴが見えるようにした方がカッコよさ倍増です。

[PR]
by play_alone | 2012-04-02 12:40 | キャノンデールF500 | Comments(0)

☆当ブログの記事内容を真似して問題が発生しても、賠償責任など一切責任を持ちませんのでご了承ください ☆前のブログからの引っ越しによる画像やリンクの乱れがあるかもしれません ☆まとめ・キュレーションサイトへのリンク、画像転用、出典は固くお断りします、特に NAVERまとめ


by play_alone